洋服のぬぎ着がラクになる工夫 生活ケア情報ページ「CC愛」
 
     
 
簡単なバッグにひもをつけて
気候がよくなると車イスに乗って、おでかけの機会もふえます。買い物をして荷物が多くなった時でも、車イスにバッグをつけておくと何かと便利。
既製品やお手製のバッグにひもをつけて押手にひっかけます。
 
 
       
   
長い持ち手のひもをつける
襠(まち)は少なめ、深さはあまり深すぎない袋(深すぎると底に手が届きにくい)に40cm以上の持ち手をつける。開きにそってひもをつけ、車イスの後ろにかける。
※お気に入りのコットン布で!(トートバッグとしても使えます)
 
 
       
   
両脇にひもをつける
防水タイプの布で箱型の袋を作って、両脇部分に開きをまたぐようにひもをつける。
※入浴サービスで使いやすく!(バスタオルが入ります)
 
 
       
   
市販のバッグにバルトをつける
市販のお気に入りのバッグに、100円ショップなどで購入したコットンベルトを縫いつける。長さはバックルをつけて調節する。背もたれにかける。
 
 
このページのTOPへ
 

洋服のぬぎ着が
ラクになる工夫

ボタン部分の工夫
  上げ下げ部分の工夫(1)
  上げ下げ部分の工夫(2)
  背中が丸い方の
スカートやシャツの工夫
  車イスの方の
ズボン部分の工夫
  車イスの方の
上着部分の工夫
  腕が動かしにくい方のそで部分の工夫
  ラクにはけるトランクスにリフォーム
  お気に入りのズボンをはきやすくする工夫
  簡単に
ネクタイをする工夫
  大判スカーフや
マフラーにひと工夫
  マフラーをベスト風にリフォーム
  尿バックを手提げ袋にいれて身軽に
  簡単なバッグに
ひもをつけて
 
PR
パワーボーン(POWER BONE)発売記念!お散歩エコバックプレゼントキャンペーン!
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
アフェリエイトの収益はサイトの運営などに使われます。
 
     
 
 
 
記事・写真・イラスト等は、CC愛編集室が独自に取材・編集したものです。他への利用を禁止します。
Copyright (c)2005 cc-ai hensyushitu all right reserved.
やさしい宿 石の街並み景観を守る。創る。