洋服のぬぎ着がラクになる工夫 生活ケア情報ページ「CC愛」
 
     
 
マフラーをベスト風にリフォーム
既製品のマフラーに少し手を加えて、ベスト風マフラーにします。材質や長さによって着こなしもさまざま。暖かくて作るのも簡単です。
 
 
首があたる部分にひだをとる

 

    マフラーの生地の厚味によって、ひだの幅を加減します。
胸元が暖かく、薄地のウールの素材のものはジャケットの下に着用できます。
1.マフラーの幅によって、7〜10cmくらいを裏側に折ってミシンをかける。
2.マフラーの中心から、左右に3本以上のひだをとって、裏からミシンをかける。(ぶ厚い素材などはひだの幅を細くして、首に負担がかからないように)
3.ボタンの位置は好きな位置で(やや下につけて、そのままかぶると便利)。ボタンのとめ方はボタンホールやループ、マジックテープなど、その人の使いやすいようにする。
 
 
このページのTOPへ
 

洋服のぬぎ着が
ラクになる工夫

ボタン部分の工夫
  上げ下げ部分の工夫(1)
  上げ下げ部分の工夫(2)
  背中が丸い方の
スカートやシャツの工夫
  車イスの方の
ズボン部分の工夫
  車イスの方の
上着部分の工夫
  腕が動かしにくい方のそで部分の工夫
  ラクにはけるトランクスにリフォーム
  お気に入りのズボンをはきやすくする工夫
  簡単に
ネクタイをする工夫
  大判スカーフや
マフラーにひと工夫
  マフラーをベスト風にリフォーム
  尿バックを手提げ袋にいれて身軽に
  簡単なバッグに
ひもをつけて
 
PR
パワーボーン(POWER BONE)発売記念!お散歩エコバックプレゼントキャンペーン!
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
アフェリエイトの収益はサイトの運営などに使われます。
 
     
 
 
 
記事・写真・イラスト等は、CC愛編集室が独自に取材・編集したものです。他への利用を禁止します。
Copyright (c)2005 cc-ai hensyushitu all right reserved.
やさしい宿 石の街並み景観を守る。創る。