洋服のぬぎ着がラクになる工夫 生活ケア情報ページ「CC愛」
 
     
 
お気に入りのズボンをはきやすくする工夫
病気やけがをすると、今まではいていたズボンがはきにくくなる事があります。
例えば外出用のお気に入りのズボンのぬぎ着が困難になったり、脚のケガの治療でスリムパンツがはきにくくなったり。そんな時はリフォームしてはきやすくしましょう。
 
 
ズボン、スポーツパンツやパジャマの脇線より少し前に、上から下までハサミを入れる。ベルト部分やゴムの部分も一緒に切り離し、それぞれに色をあわせたオープンファスナーを付ける。
縫いしろ分とオープンファスナーの幅をあわせるとズボンの幅は変わらない。ほどかずに手間を省いて簡単に。
 
 
すそにコンシールファスナーを付ける

★コンシールファスナーを付ける時は、ミシンの押さえ金をコンシール用に付け替える。ミシンが苦手なら、半返し縫いか本返し縫いで付ける。
  スリムパンツのひざから下が開くようにすると、脚のケガの治療のためにたくし上げたり、ぬぎ着がラクになる。
脇線をほどいてコンシールファスナーにすれば、外出用のパンツなどは目立ちにくい。ただし、引き手が持ちにくい方は、スタンダードファスナーでハート等の引き手がついたものがおしゃれ。
付ける位置(外側か内側か)や、付ける長さはそれぞれの人にあわせて決める。
 
 
このページのTOPへ
 

洋服のぬぎ着が
ラクになる工夫

ボタン部分の工夫
  上げ下げ部分の工夫(1)
  上げ下げ部分の工夫(2)
  背中が丸い方の
スカートやシャツの工夫
  車イスの方の
ズボン部分の工夫
  車イスの方の
上着部分の工夫
  腕が動かしにくい方のそで部分の工夫
  ラクにはけるトランクスにリフォーム
  お気に入りのズボンをはきやすくする工夫
  簡単に
ネクタイをする工夫
  大判スカーフや
マフラーにひと工夫
  マフラーをベスト風にリフォーム
  尿バックを手提げ袋にいれて身軽に
  簡単なバッグに
ひもをつけて
 
PR
毎日楽しくお散歩しよう。便利なお散歩グッズが目白押し!
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
アフェリエイトの収益はサイトの運営などに使われます。
 
     
 
 
 
記事・写真・イラスト等は、CC愛編集室が独自に取材・編集したものです。他への利用を禁止します。
Copyright (c)2005 cc-ai hensyushitu all right reserved.
やさしい宿 石の街並み景観を守る。創る。