1 趣旨
  様々な社会(高齢化社会、地域社会、国際化社会等)の問題点は連鎖していると考えられる。会員各々の持つ能力を結集して、問題点を一面からでなく多面的にとらえた「情報・文化の発信とコミュニケーション」を図る事業を展開し、個々の問題に繋がりをみつけ問題点の解決に寄与していく。
2 沿革
 
平成12年(2000年)
  1月 介護情報紙「CC愛」発行にむけて、CC愛編集室を設立。
平成13年(2001年)
  1月 生活ケア情報ページ「CC 愛」をサイト上に立ち上げる。
平成17年(2005年)
  4月 特定非営利活動法人として申請。
  8月 特定非営利活動法人として認定される。
  9月 高齢者や身障者のための宿泊施設紹介サイト「やさしい宿」として新設。
地域情報サイト「石の街並み景観を守る。創る。」を新設。
「石の街並み」が情報発信だけでは守れない。と感じ事業化を検討する。
平成18年(2006年)
  1月 「石の街並み景観を守る。創る。」を事業化するための、定款変更を行い、認定される。
  6月 神戸市東灘区の「コミコミ助成金」で、「御影石アート展」を開催。
「石ころアート in 旧乾邸」「石の街並み まち歩き(3回)」「御影石アート展・展覧会」などのイベントを実施。
平成19年(2007年)
  1月 神戸大附属小学校とコラボレーションし、阪急御影駅北の工事から出て来る石の有効活用として「石のジグソーアート」を始める。
  2月 神戸市東灘区住吉山手8丁目の公園の一部補修を「よってたかって西谷公園」として行う。神戸大附属小学校と神戸市立渦が森小学校が「石のジグソーアート」として参加。
  7月 神戸市東灘区の「コミコミ助成金」で、「御影石アート展」を開催。
7月22日〜11月25日までに、「石ころアート in 世良美術館」「石の街並み まち歩き(2回)」「御影石アート展・展覧会」などのイベントを実施。
平成20年(2008年)
  7月 (財)まちづくり市民財団の「まちづくり人応援助成金」を使い、石を使う人と石が出る人のマッチングを行う「石の銀行」のアンケートが始まる。
  7月 (財)ひょうご環境創造協会の活動助成金を使い、「天神川の自然観察」が始まる。7、8、9、11月と4回開催。
  9月 神戸市東灘区の「コミコミ助成金」を使い、「石ころアート in 平生記念館」「石の街並み まち歩き(2回)」などのイベントを実施。
  11月 「石の銀行」では、「石の集積場見学会」を芦屋浜で開催。
平成21年(2009年)
  2月 「石の銀行」では、「石の集積場見学会、説明会」を芦屋浜で開催。
  3月 「石の銀行」では、毎週水曜日を潮芦屋浜プロジェクトの開催日として、行員などに石の利用を進める。
  8月 ワークショップ:プロの技を盗もう「敷石実習体験」を開催。
  10月 ワークショップ「大人の書−自分を書くー」を、7回シリーズとして開催。
  12月 書家・伊藤進氏によるパフォーマンスを世良美術館で開催。
平成22年(2010年)
  2月 「石の銀行・潮芦屋浜プロジェクト」が終了。期間中3,000トンの石を資源化。51件の利用実績があった。
  3月 第2期ワークショップ「大人の書−自分を書くー」を、10回シリーズとして開催を始める。
  6月 「大人の書」を、こうべ森の学校で開催。
  7月 第3期ワークショップ「大人の書−自分を書くー」を、5回シリーズとして、芦屋総合運動公園で開催を始める。
    「石の街並みまち歩き」を世良美術館と共催し、開催。
平成23年(2011年)
  2月 「石カフェー六甲山の自然は資源−」を不定期ながら開催。
  5月 石カフェ「美術館の音楽会」を世良美術館で開催。
趣旨と沿革
 
定款
 
役員・会員
 
事業の内容
 
事業の計画・報告
 
収支予算・報告
 
 
  趣旨と沿革     定款     役員・会員     事業の内容     事業計画・報告     収支予算・報告